転職タイミングはいつが良い? おすすめの時期と必須準備

「みんなの転職タイミングはいつ? 経験者が語るおすすめの時期と準備」の記事のアイキャッチ画像

転職のベストタイミングは? 時期や年齢も考慮して判断しよう

「転職を検討しているけど、どのタイミングがベストなのかな」
「ほかの人たちはどんなタイミングで転職しているのだろう」

転職のタイミングについて、何を基準に決断したら良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

実際、転職はタイミングによって内定獲得の難易度が変わることがあります。時期によって社員が不足していたり足りていたりするなど、人手の需要が変化するからです。

この記事では、転職をするベストなタイミングやその時期に転職するためにやるべき準備などを解説します。転職の時期を検討する際の参考にしてみてください。

いつが多い? 転職をしたタイミングと理由

転職市場はタイミングによって求人数が増えることがあるので、有利に進められる場合があります。

そう聞くと、実際に転職経験者がどんなタイミングで転職したのか気になりますよね。そして、そのタイミングを選んだ理由も気になるところでしょう。

ここからは、転職をしたタイミングとその理由を解説します。転職のタイミングに迷っている人はチェックしましょう。

2〜3月・8〜9月:新卒入社と同時期で求人が増える時期

2〜3月は中途採用求人が最も多いといわれています。その理由は4月に入社する新卒と同じタイミングで入社してもらうことで、教育にかかるコストを抑えられるからです

新卒を採用する場合、研修を設けたり教育担当者を付けたりするなど、教育に時間や費用といったコストがかかります。転職者も同様に教育は必要ですが、新卒と同じタイミングで実施することで別途実施する必要がなくなり、コストを抑えられるのです。

そして、会社によっては10月に新卒が入社することがあります。そのため8〜9月も2〜3月と同じ理由で中途採用求人を増やす企業があります。このように企業側の事情によって求人数が増えることから、2〜3月・8〜9月に転職活動をする人が多くいます。

6〜7月・12〜1月:ボーナス受け取り後に転職

企業によって異なりますが、6〜7月・12〜1月をボーナスの支給時期としている企業が多くあります。転職するにあたって損をしたくないと考える人は、6〜7月・12〜1月に現職のボーナスを受け取ってから転職するのがおすすめです

一方で、ボーナスの受け取りを狙いすぎて、転職のベストタイミングを逃してしまっては本末転倒です。12〜1月にボーナスを受け取って2〜3月に転職、または6〜7月にボーナスを受け取って8〜9月に転職するのが理想的でしょう。

その他:特に時期を決めていなかった

転職のタイミングに関して特に決めずに実施した人も少なくありません。このような人は時期以外の軸を持って転職活動に取り組んでいることが考えられます。

人によっては結婚や出産、子育てなど、ライフステージが大きく変化することもあるでしょう。このライフステージの変化に合わせて転職する人もいます。そのため、必ずしもタイミングを見計らって転職する必要はありません。

ただ求人数の増減のタイミングはあるので、一定有利な状態で転職活動に臨める期間があるということは把握しておきましょう

年齢別のメリットデメリットも! 自分に合った転職のタイミングを見極めよう

年齢を理由に転職のタイミングを考える人もいるでしょう。「20代前半だから未経験への就職もまだ狙えるかも」「20代後半だからそろそろ転職したい」などと考える人もいるのではないでしょうか。

ただ、それぞれの年齢に転職をするメリット・デメリットがあります。特にデメリットを知らずに転職すると、「こんなはずではなかった」と転職後に後悔する可能性も考えられます。

ここからは年齢別の転職をするメリット・デメリットを解説します。

20代前半(第二新卒)での転職

20代の場合、第二新卒と呼ばれる20代前半と第二新卒から外れる20代後半では、転職する際に求められるスキルや役割などが異なります。そして、20代前半は特に注意して転職活動に臨まなければいけません。なぜなら、社会人経験は浅くても、社会人としてのビジネススキルや知識などは求められることが多いからです

ここからは、第二新卒と呼ばれる20代前半で転職するメリット・デメリットを解説します。特にデメリットは注意深く確認し、それらを乗り越えるための対策をしましょう。

20代前半(第二新卒)で転職するメリット

20代前半の第二新卒で転職するメリットとしては、「未経験・異業種の企業への転職が可能」「転職後のプレッシャーが少ない」「育成コストが抑えられるため採用されやすい」などが挙げられます。

第二新卒は社会人経験が浅いため、業界や職種、会社の特色に染まり切っていないと判断されやすく、比較的スムーズに未経験・異業種に転職可能です。そのうえ、数年の社会人経験から基本的なビジネススキルが身に付いていると見られ、教育コストもかからないため採用されやすいといったメリットもあります。

また、第二新卒は即戦力としての働き方を求められていないため、転職後すぐに重要なポジションや責任の大きい業務を任されることはあまりありません。そのため、「すぐに結果を出さなくてはいけない」というプレッシャーも少なく転職できます。

20代前半(第二新卒)で転職するデメリット

20代前半の第二新卒で転職するデメリットには、「うちでもすぐに辞めてしまうのでは」と思われやすい傾向があることです。

会社が一人の従業員を雇い、育成するのには非常に多くのコストがかかります。コストをかけて育成したにもかかわらず、すぐに辞められるのは避けたいと思うのは当然でしょう。しかし第二新卒の転職者は、事実上現職で働いている期間は0〜3年ほどで、ほかに長く働き続けた経歴がないため「またすぐに辞めるかもしれない」と思われる可能性が高いのです

このようなデメリットを払拭するためにも、転職先企業での長期的な計画・ビジョンを立て、選考の段階から積極的に伝えて、長く働き続ける意思があることを伝えるのが大切です。

また経験という観点では、20代前半ではマネジメントやリーダーなどの業務を体験する前に退職する可能性が高いというデメリットもあります。未経験の業種に転職した場合、またゼロからキャリアを築くことになるので、ステップアップに時間がかかるケースもあると覚えておきましょう。

こちらの記事では、第二新卒のリスクやメリットをより詳しく解説しています。併せて読んでみてくださいね。
「第二新卒はやばい」の真相は? 経験談付きで実態を調査!

20代後半での転職

前述のとおり、20代前半と20代後半では転職時に求められるスキルや知識、役割などが異なります。20代後半になると「ある程度の社会人経験がある」と見なされ、20代前半よりも高度なスキルや知識が求められるのです

それに伴い、転職するメリット・デメリットも異なります。ここからは、20代後半で転職するメリット・デメリットを解説します。

20代後半で転職するメリット

20代後半の転職は、「即戦力として採用されやすい」「まだ未経験や異業種への転職が可能」などのメリットがあります。

新卒で入社した会社を20代後半まで続けた場合、5年前後働くことになります。第二新卒とは異なり「合っていないと判断したからすぐに辞めた」と思われることは少なく、採用を検討する際に長期間働き続けられるかどうかという懸念はないことが多いでしょう。

また、ある程度の社会人経験を積んでいるため、育成コストが抑えられ、即戦力として採用されるケースもあります。特にこれまでの業務を活かせる仕事であれば、その経験を活かしてすぐに活躍できるでしょう。そして、まだ20代で若いからこそ吸収力が高いという強みもあります。

20代後半で転職するデメリット

20代後半で転職するデメリットには、ポテンシャル採用からスキルや経験を重視した採用に変わり、第二新卒よりも求められるスキル・知識が高くなることが挙げられます。

第二新卒までは経験が浅く、スキルや知識が身に付いていないことは会社側も承知のうえで採用しています。それよりも、人柄や性格などのポテンシャルを重視して採用しているのです。

一方で、20代後半になるとスキルや知識、経験が求められるようになります。そのため実績がないと志望企業に転職するのは難しくなるので、いかに実績や経験をアピールするかが重要になります

20代で仕事を辞めたいと考えている人は、こちらの記事も読んでみてください。ますは現状を整理することが大切ですよ。
仕事辞めたい・疲れた20代へ|切り替えられた体験談と転職の進め方

30代で転職するメリット・デメリット

30代になると企業側からは中堅社員として扱われるケースも増えていきます。そのため、現場での業務に加えてマネジメント業務も任される可能性が考えられるでしょう。

このような30代で転職するメリットは、「即戦力として採用してもらえる」「初期配属からマネジメント業務を任せてもらえることがある」などがありますが、一方で20代より高度なスキルや知識が求められるという難しさもあります。

マネジメント経験やスキル・知識に自信がある人は30代後半でも問題ありませんが、自信がない人はできるだけ早いタイミングで転職するのがおすすめといえます

40代で転職するメリット・デメリット

40代の転職は管理職経験や専門的なスキル・知識を求められるケースが多いでしょう。そして、部下を巻き込んでチームとして成果を上げらえるかどうかが評価ポイントになる傾向があります

そんな40代の転職には、これまで以上に裁量の大きい仕事ができるようになったり、収入アップが見込めたりするなどのメリットがあります。現職よりも良い条件で働ける可能性があるのが大きなメリットでしょう。

一方で、20代や30代と比べると求人数が少なかったり、組織や従業員とスムーズに馴染める柔軟性があるかも採用基準に含まれたりします。

そもそも求人数が少なく難易度が高いので、これまでの実績をアピールして、新しい組織でも柔軟に対応できることをアピールすることが大切です。

50代で転職するメリット・デメリット

50代の転職は、裁量が大きくなったり、経営者に近い役割で働けるようになったりと、これまでの年代とは違った観点でのキャリアアップが狙えるといえます。

しかし、そもそも50代での転職は難しいというデメリットがあるのが前提です。なぜなら企業側は50代の転職志望者に対してさまざまな不安を抱える可能性があるからです。

たとえば途中で体調を崩さないか、会社や従業員と合わずトラブルが発生する可能性があるのではないか、会社の社風に馴染めないのではないかなどが考えられます。

また、50代で転職する場合は、プライドを持ちすぎたり、待遇にこだわりすぎたりすると敬遠される可能性があります。転職の目的を明確にしたうえで、会社に馴染めることをアピールすることが重要です。

今は行動に移すべき? 転職を検討すべきタイミング

前述のとおり、転職にはベストタイミングがあります。タイミングを逃すと損をしたり、理想の形で転職ができなくなったりすることも考えられるのです。

ここからは、時期以外の観点で転職を検討すべきタイミングを解説します。個人的な都合で転職する場合と、キャリアアップやキャリアチェンジを目的に転職する場合に分けて解説するので、自分の状況に当てはまる方を重点的に確認しましょう。

個人的な都合で転職する場合

心身の健康やライフステージの変化など、キャリアではなく個人的な都合で転職を検討する人もいるでしょう。人生は仕事だけではないため、個人的な都合で転職を検討することは悪いことではありません。

ただ、転職によってその都合が解決されるのかどうか、本当に適切なタイミングなのかなどは入念に検討する必要があります。ここからは労働環境が過酷で心身の健康に影響が出たときと、ライフステージが変わったときの2つの場面で転職すべきかどうかを解説します。

労働環境が過酷で心身の健康に影響が出たとき

労働環境が過酷で、心または身体の健康に影響が出て転職を検討する人もいるでしょう。このような場合は、実際に心身の健康に影響が出る前に転職するのがおすすめです。

しかし、就職後すぐの転職の場合は「忍耐力がない」「体力がない」などと捉えられ、転職が難しくなる場合もあります。退職後に休養を挟んでから転職活動を始めるとなると、内定が獲得しにくくなるリスクも高まってしまいますよね。

そのため、できれば心身の健康に影響が出る前に前向きな理由で転職活動を始め、転職先から内定をもらってから現職を退職するとリスクを最小限にすることができます。実際に可能なのかは自身の状態によるので、無理のない範囲で転職活動を進めるようにしましょう。

ライフステージが変わったとき

結婚や出産、子育てなどでライフステージが変わる人もいるでしょう。結婚はある程度時期をコントロールできるので、新しい職場や人間関係に慣れてからライフステージの変化を迎えたい人は事前に転職し、生活の変化に合わせて転職先を決めたい人はライフステージが変化した後に転職するのがおすすめです。

一方で、出産の前後の転職はあまりおすすめしません。なぜなら、出産前後は育休の取得など会社のメンバーに頼る場面が多々あるからです。その際は、すでに信頼関係を築いているメンバーがそばにいた方が安心できるので、転職の時期をずらすなどで対応するのが良いでしょう。

キャリアアップやキャリアチェンジを目的に転職する場合

キャリアアップやキャリアチェンジを目的とした転職の場合、コアメンバーとして参画したプロジェクト終了後、役職を与えられた後、資格を取得した後の3つのタイミングで転職するのがおすすめです

ここからは、なぜこれらのタイミングが転職に適しているのかを解説します。キャリアアップ・キャリアチェンジを狙っている人は、理想の転職を実現するためにも確認しておきましょう。

コアメンバーとして参画したプロジェクト終了後

コアメンバーとして参画したプロジェクトが進行中の場合は、自身の実績のためにも終了まで退職するのはやめておきましょう。

実績以外にも、プロジェクト終了後は後任も必要ないため最低限の引き継ぎで済み、手間を抑えられます。

ただ、次のプロジェクトにアサインされる前に転職の意思を表明することが重要です。メンバーが決まった後に転職すると、再度メンバーを組み直す必要があるからです。そのため、プロジェクト進行中から転職活動に取り組み始めるのが良いでしょう。

役職を与えられた後

役職を与えられたのに転職をしてしまうのはもったいないと感じる人も多いかもしれませんが、実績として考えるなら案外転職を進めやすい時期といえます。

たとえば、課長に昇進する前後では、昇進する前は平社員として転職活動をし、昇進後は課長として転職活動ができます。課長の方が経験豊富なことや昇進するだけの実績があることをアピールできます

一方で、役割が与えられた直後に転職するのはあまりおすすめしません。その役割としての実績がなかったり、責任感がないと思われたりする可能性があるからです。会社にも迷惑がかかってしまうため、昇進後はまずは実績を残すことに注力し、その後に転職活動を始めるのがおすすめです。

資格を取得した後

資格の取得は、知識やスキルが客観的に認められていることをアピールできるので、転職が有利になる可能性があります。今までの経験で得た知識を裏付けるような資格であれば、実績と同等の評価をされるケースもあるのです。

また、現職とは異なる業界・職種の資格を取得した場合、異業種へのキャリアチェンジがしやすくなります

ただ、現職の仕事をしながら資格の勉強に取り組むのは簡単なことではありません。両立させられるかどうかを検討したうえで資格の取得に臨みましょう。

両立に自信がある人は、仕事を続けながら転職活動をするのも良いかもしれません。次の記事で、仕事をつづけながら転職をするコツを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
働きながら転職を経験した先輩に聞く! 仕事と転職活動を両立するコツ

転職するべきか慎重に考えたほうが良いタイミング

転職を考えるタイミングは人によってさまざまですが、その中には慎重に考えるべきタイミングもあります。

ここからは、転職をするべきか慎重に考えたほうが良いタイミングを解説します。自分が当てはまらないかどうかチェックしてみましょう。

転職した直後

転職直後に「思っていた社風や仕事内容と違った」「会社に馴染めずストレスが大きい」などの理由で、また転職を検討する人もいるでしょう。

しかし、転職直後の転職はおすすめしません。なぜなら、次の転職先で「うちもすぐに辞めてしまうのではないか」「自己分析・企業分析ができていないのではないか」など、マイナスのイメージを持たれる可能性が高くなるからです

そのため、転職直後に「今の会社・仕事がつらい」と思っても、数カ月など期間を決めて頑張ってみて、そのうえで転職を検討するのが良いでしょう。

昇進・昇給のチャンスが来ているとき

昇進や昇給のチャンスが目の前にある人は、それらの結果を受けてから転職するのがおすすめです。なぜなら、より良い条件で転職できるようになる可能性があるためです。

前述のとおり、昇進したという実績は転職活動においてアピール材料になります。その実績があれば、転職先ではその役割以上のことを任される可能性もあるのです。

また、転職先の給与は前職ベースで考えられることが多いです。昇給してから転職することで、さらに高い給与を提示される可能性があります。

このように、昇進・昇給後はより良い条件で転職ができる可能性があるため、結果が出るまで待ってみるのが良いでしょう。ただし昇進後すぐの退職は会社への影響も大きいため、一定の実績を積んでから転職することをおすすめします。

何が求められる? 20代で転職する際に必要なスキル

前提として、20代の転職はポテンシャルを重視されるケースが多いです。高度なスキルや専門性よりも熱意や人柄、性格などが重視されます。

その中で、20代の転職で求められやすいスキルはコミュニケーション能力や問題解決能力です。これらのスキルは業界や職種問わず必要とされます。そして、高いコミュニケーション能力・問題解決能力を身に付けていると早い成長も見込まれます。

20代で転職を検討している人は、ポテンシャル重視であるケースが多い前提を把握しながら、どの業界・職種でも活かせるコミュニケーション能力や問題解決能力を磨いておきましょう。

適切なタイミングで転職するための準備

理想の転職を実現するためには、志望企業の情報収集や研究、自己分析、書類・面接対策などの徹底的な準備が必要です。しかし、具体的にどのようなスケジュールで準備をすれば良いかわからない人もいるでしょう。

ここからは、適切なタイミングで転職するために必要な準備を時期別に解説します。

転職3カ月前:転職に向けて情報収集をスタート

前提として、転職をしたい時期はある程度決めておきましょう。その時期に転職することを目標にして、逆算してスケジュールを立てていきます。

転職の3カ月前になったら、転職に向けた情報収集をスタートさせましょう。具体的に収集するべき情報は業界・企業の特徴や仕事内容などです

なお、情報収集の段階ではできる限りたくさんの業界を見てみるのがおすすめです。最初の段階で視野を広げておくことで、本当に自分に合った業界・企業を見つけられる可能性が高まりますよ。

転職2〜3カ月前:業界・企業研究、自己分析

情報収集が終了したら、目標の転職時期の2カ月前ほどまで、業界・企業研究、自己分析に取り組みましょう。

ただ転職することが目標であれば、業界・企業研究、自己分析をせずとも転職することは可能です。しかし、本当に自分のやりたいことを見つけ、それを実現できる企業に転職するにはこれらの準備が必須なのです

業界・企業研究や自己分析にはさまざまな方法があり、人によって合う・合わないがあります。まずはいろんな方法を調べて、自分ができそうなことから取り組んでいきましょう。

転職1〜2カ月前:応募・選考

目標の1〜2カ月前になったら、志望企業に応募して選考を受けましょう。併せて面接選考の対策を進めておくと、面接が決まってからも焦らず対応することができますよ。

特に意識すべきことは、一貫性を持たせることと熱意をアピールすることです。前述のとおり、20代の転職はポテンシャルを重視した採用であるケースが多いので、スキルや知識よりも熱意や人柄、性格などが重視されます。

熱意や自身の人柄を正確に伝えるためにも、書類や面接の準備は徹底して取り組みましょう。

自分に合った転職のタイミングを見極めて後悔のない選択をしよう!

実際、どの時期であっても転職することは可能です。しかしタイミングを逃すと損をしたり、理想の転職を実現できなかったりする可能性が高まってしまいます。現職の業務で忙しい中でも、適切なタイミングを見計らって、転職実現に向けた準備を進めましょう。

そして自分に合ったタイミングを見つけ、理想の転職を実現させましょう。